神韻芸術団 >

    神韻の音楽

神韻交響楽団は、中国音楽の精神、美、独特な音色に、精緻で迫力のある壮大な西洋のオーケストラの演奏を融合させることで、斬新な音色を生み出しています。

異なる東西音楽の伝統

舞台の始まりを告げるドラの音が鳴り響く瞬間から、忘れ難いひとときに浸ることを実感されることでしょう。

神韻交響楽団は、音楽における世界の二大クラシックを見事に融合しました。魂に触れる二胡や繊細に響く琵琶などの中国古典楽器が、弦楽器、打楽器、木管楽器、金管楽器を備えたオーケストラをバックに、主旋律を奏でます。エネルギッシュで壮麗な西洋のオーケストラの演奏に、独特の音調とスタイルを備えた中国の古典楽器を融合させ、全く新しい感銘を与える音を生み出しています。

左: 戚暁春(チー・シャオチュン)、二胡演奏家

ソリスト

ベルカント唱法によるソリストの響き渡る歌声は、神韻の舞台に欠かせません。声楽家たちが歌い上げる数曲の歌がステージを引き立て、観客の心を揺さぶります。何世紀にもわたり中国文化を形成してきた精神がそこにあるのです。

左: 関貴敏(グァン・グィミン)、テノール歌手、耿皓藍(ガン・ハオラン)、ソプラノ歌手