神韻

日本

トレイラーを見る

天上からの授かりもの

はるか遠い古代、中国は神々の地―神州として知られていました。そこでは皇帝から庶民に至るまで、すべての人々が、自分たちの文化は天からの授かりものと信じていたのです。彼らは、宇宙との調和のなかに生き、すべてのものに縁があると理解していました。伝統的な中国文化は、数千年にわたり、こうした理念を受け継いできたのです―それが失われてしまうまでは。

神韻は、この失われた文明の旅へ、あなたを誘います。その旅を可能にしたのは、神韻が舞台芸術の限界を押し上げたから。古代の伝説と革新的な技術の結合によって、息を呑むほど生き生きとしたバックスクリーンを背景に、史実と伝統に則した衣装が舞い踊ります。中国古典舞踊によって織りなされる物語、さらには美しく多様な民族・民間の伝統舞踊もご覧いただきましょう。高貴なオーケストラの音色に満たされれば、それは他では味わうことのできない、目のくらむような体験となるのです。

失われた宝物―中国から姿を消した伝統文化

神韻がお届けする中国の伝統文化は、ほかで見ることができません。中国国内であっても、それは同様です。政治支配への脅威とみなされた伝統文化は、この数十年にわたり破壊されつづけました。

しかし2006年、「伝統文化を復興させ、世界と分かち合う」という使命のもとに、優秀な華人アーティストのグループがニューヨークに集結しました。そうして神韻が創設され、この壮麗な文化は絶滅の危機から救われたのです。

さあ、歴史に刻まれるこの時、私たちとともに、忘れがたい旅に参りましょう!

世界に広がる 神韻のセンセーション

神韻を観るため、海外まで飛行機で行く人がいます。数百マイルも車を運転して来る人がいます。また、同じ公演を5回も6回も観る人もいます。なぜでしょう? それを説明できる言葉はない、と多くの方が言います。「ご自身の目で確かめるしかない」のだそうです。

数百万人を感動させた神韻

  • ダンサーたちから何かを感じとります。とても美しいもの、とても個人的で、奥深く、豊かで、誠実で高貴なものを感じます。ただ美しかったです
    —アン・ヴォリンク, ピアニスト
  • 異国の音楽でありながら、本当に完璧な融合でした。
    —ボニー・コムリー氏, トニー賞を3回受賞したプロデューサー
  • 東西音楽の最高の部分を耳にしました。……その多くは、音楽史において意義あるものだと思います。
    —ケネス・メロ氏, 映画制作者
  • とても創造性に満ちたプログラムでした。……本当に格別でした。このような音はこれまで聴いたことがありません。
    —ロン・ゴールドシュレイガー氏, インベストメント・グループ取締役
  • 特にバイオリンのソロ演奏が印象的でした。素晴らしい奏者です。
    —アドゥー・ラウドキビ氏, 受賞ジャーナリスト
  • 必ず鑑賞して欲しい。
    —リック・フィリップス氏, ラジオ番組「サウンド・アドバイス」の司会者、クラシックの専門家
  • 人間性を肉体的に表現し、精神性を体の動きへと変換させていくことができることにただ感嘆しました。
    —テッド・マッキー氏, 米国連邦第3巡回区控訴裁判所首席裁判官
  • 神韻の舞台は「ああ、楽しかった」で終わらずに、心が清らかになるというイメージがありました。心の素朴さがすごく伝わってきて感動を受けました。
    —嶋高宏氏, 総合デザイナー協会DAS理事長
  • この公演を鑑賞できて、大変光栄に思います。
    —スベトラン・ストエフ氏, スウェーデン駐在ブルガリア大使
  • うっとりする、心穏やかになる公演でした。
    —クリスティナ・ミニシェバ氏, ダンス教師
  • これまでの人生で観たことのない舞台でした。全身全霊が込められていました。
    —P・k・マハナンディア氏, 画家、スウェーデン駐在オリッサ州(インド)文化大使
  • 真心と慈悲と美にあふれた公演で、真・善・忍の理念についての物語も披露されます。
    —柯文哲氏, 台北市長(台湾)
  • あの音色、古代の音色に、交響楽団の音色を合わせることは、一つの挑戦です。しかしその挑戦を見事にこなしています。
    —ケリー・ストラットン氏, トロント・コンサート・オーケストラ指揮者、ラジオ司会者
  • 生徒によっては、今回の鑑賞は一生に一度の機会で、生涯忘れられない思い出となるでしょう。
    —ソフィーナ・イズラム氏, 校長(大英帝国勲章OBE受章者)
  • このような公演は、観客が自己を省みる機会となります。
    —張治祥氏, 台中市政府地政局局長(台湾)
  • 彼らの奏でる音楽は、伝統的な旋律を巧みに組み合わせていました。
    —リチャード・ウェッブ氏, サザン大学人文科学部名誉教授・学部長
  • 非常に力強く、表情豊かな音色でした。歌詞に深く感銘を受けました。
    —サラ・パークス氏, セント・ノーバート大学音楽学部助教授、音楽プログラム主任
  • 踊り、歌、音楽、神韻は全てが完璧です。パフォーマー間の協調は最高レベルです・・・
    —ミヒャエル・マイスター氏, ドイツ財務副大臣
  • 神韻を観るのは三度目ですが、初めて観たかのような衝撃が心の奥深くまで達しました。この涙は悲しみの涙ではなく、謙譲の心、思いやり、パフォーマーに対する共感の涙です・・・
    —ジム・クリル氏, 元テレビプロデューサー
  • 伝統楽器を西洋様式にも中国様式にも演奏できる優れた奏者に、深い感銘を受けました。
    —デントン・トーマス氏, トロンボーン奏者、作曲家
  • 神韻を観るたびに目を見張ります。ですから公演を見逃したくありません。
    —ヘルタ・マルガレーテ・ハプスブルク=ロートリンゲン殿下, オーストリア大公妃/トスカナ大公子妃
  • オーケストラの奏でる音楽は美しく、響きが耳に心地よく、心がなごみます。
    —ロバート・クーンズ氏, 元エルムハースト交響楽団会長
  • 導いてくださってありがとうございます。先導して、美しく情熱あふれる文化の存在を観せてくださったことに心より感謝しています。ここにいることを本当に嬉しく感じています
    —ミゲル・カナレス氏, アルテシア市長
  • 踊りながら、心を広げ、空想を広げ、感情を広げるなど、多くのことができることを示してくれました。毎週生徒に伝えようとしていることの見事な例です
    —ローリー・グラフ氏, ダンス教師、米マサチューセッツ州クインシーのセンターステージ・パフォーミング・アーツ・スタジオ経営
  • 数多くの着想を得たので、何らかの形で今後デザインするドレスに反映されると思います。
    —ヤン・タミニオ氏, オランダのファッションデザイナー(ウィレム=アレクサンダー国王の即位式でマキシマ王妃が着用したドレスをデザイン)
  • 伝統文化とハイテクが組み合わされたショーです。
    —范巽綠氏, 台湾・高雄市政府教育局長
  • ものすごく気持ちを高めてくれるショーです。多様性とパフォーマンスの質はまさしく一流レベルですね。深い感銘を受けました。
    —ケイト・ライリー氏, メルボルン・クラシック・ダンス・スクール芸術監督
  • 息を飲みました。本当です! 魔法のような舞台でした。穏やかな瞬間、静かな瞬間、エネルギッシュな瞬間。我を忘れました。本当に美しい
    —クリスティーン・クッシング氏, カナダの著名なシェフ
  • 高齢者の方々が心ゆくまで楽しめ、小さなお子さんも目を輝かせます。観客の一人になることは楽しい体験です
    —コンテッサ・ブルーワー氏, 米WNBC局のキャスター、米MSNBC局の週末番組の司会者
  • 使命や精神性、中国の人々が精神的、哲学的、道徳的に自己を表現する文化に驚嘆しました
    —アニータ・フレイ氏, アデルフィ大学助教授
  • 2時間、考えたくないことをすべて忘れました
    —ベロニク・ポトビン氏, レ・グラン・バレエ・カナディアン・ド・モンレアルの首席バイオリニスト
  • この舞台を通して、自己の魂の一部を発見できます...
    —ピエール・チャーボノー氏, 教育顧問
  • 平穏で愛情に溢れ、心地よい気持ちで満たされます
    —ステファン・クロバン氏, カナダのベテランプロデューサー
  • 素晴らしいエネルギーと優雅さがステージにみなぎりました
    —ポール・キム氏, 起業家、米テキサス州の舞台芸術のためのロング・センター役員
  • 完璧な舞台
    —ロン・クラーク, オーストラリア、ゴールドコースト市長
  • 最高の舞台
    —呂秀蓮, 台湾元副総統
  • 洗練された水準のエンターテイメント
    —ラリー・オブライエン, カナダ、オタワ市長
  • 待ちきれなかった
    —ジミー・ジョンソン, フロリダ州セミノール市長
  • 驚嘆するような演目
    —テッド・カバナー, CNNの創設シニア・プロデューサー
  • 偉大なる傑作
    —バーバラ・ザップ=ドーン, ザップ=ドーン・バレエスクール団長
  • このような体験をしたことがありません・・・優雅さ、美しさ、舞台の光景、全てが信じがたいものでした…二度と体験することのない、一生に一度の体験です
    —ベニー・デール氏, 元マーケティング部長
  • この中国最盛期の素晴らしい五千年の旅路へと完全に吸い込まれます。質の高さ、敏捷さ、美しい均衡、踊り手の身のこなしに常に感銘を受けていました・・・浄化されたかのように素晴らしい気持ちです・・・
    —ジョージ・ドニキアン氏, テレビのニュースキャスター
  • 最高レベルです。目を見張りました。実に明瞭です。ダンサーとして求められるもの全てを備えています…本当に息を飲みました
    —ダナ・フォン・デア・クローネ氏, バレリーナ
  • オープンで、寛容だった。高揚させてもらった
    —ニラス・マーティンズ, ニューヨーク・シティ・バレエのプリンシパル・ダンサー
  • エレガント、とても躍動的で高度な技能
    —ジョン・マコルカン氏, 『リバーダンス』プロデューサー
  • まばゆい振り付け...豪華な美!
    —ブロードウェイ・ワールド誌
  • 最高の極致…この世のものではありませんでした! 言葉では言い表せません…言葉を使うとしたら、「神性」「再生」「希望」でしょうか。
    —クリスティーヌ・ワレフスカ氏, 名チェリスト
  • 神韻芸術団は結成されてわずか10年ほどですが、世界中どこに行っても満席状態です。別の国から飛行機で来たり、何百キロも車を走らせたりして鑑賞する人もいます。同じ舞台を5回観る人もいます。なぜでしょう? 言葉では表せないと多くの人は語っています。ご自身の目でお確かめください。

    目を見張る舞台、魂に触れる演目。
    それが神伝文化の体験。

    チケット購入