なぜ神韻は中国で公演できないのですか?

世界で中国の伝統文化が賞賛されている中で、皮肉なことに、中国国内では公演ができません。それだけでなくこのような公演を中国で鑑賞することができないのです。神韻は中国で公演したいのですが、中国共産党が許可しないのです。

もちろん、中国には伝統的にみえる公演が数多く開催されています。しかし、この文化的な継承を廃絶しようとする数十年にわたる政治的な運動を経て、内涵の精髄が剥ぎ取られてしまいました。神韻が他と異なる点の1つに、表面的な芸術性や美しさに加え、中国文明の精髄を尊んでいることが挙げられます。天地人が融和するという観念です。

この中国の伝統文化の側面こそ、中国共産党政権が破壊しようとしてきたものなのです。文化の復興である神韻を、脅威とみなすため、国内での公演を許さないのです。

さらに、神韻アーティストのチームは、アートとは美しさや文化を流布するための手段に留まらず、人道的な側面を推進することが大切であると感じています。神韻では、毎年少なくとも1つ、中国では触れられないテーマを取り上げたダンスを盛り込んでいます。これまでどのアーティストも敢えて触れることのなかった、法輪功の物語です(下記参照)。語っていく価値のある重要な物語と受け止めています。これが中国では公演できないもう一つの理由です。

金銭に余裕のある中国大陸の方々はいつも、神韻鑑賞のために、台北、東京、ロサンゼルス、その他の都市を訪れています。中国で神韻が行なわれることを願っているという無数の方々の言葉が、私どものホームページに寄せられています。