なぜ神韻のアーティストたちは法輪大法のことを気にかけるのでしょうか?

2つの理由があります。1つは、アーティスト自身が法輪大法を修めていることにあります。自己を向上させることに努め、穏やかな気功の動きを行う修煉体系です。アーティストにとって個人的に得るものがあり、分かち合う価値があると感じているからです。

2つめの理由、そして最も重要な理由は、この修煉体系に従事する善意ある中国の人々が、過酷な迫害を受けていることにあります。公園に行って法輪功の打坐を行うと、現在の中国共産党政権の下では、逮捕されます。拷問され殺害される可能性すらあるのです。かつて共産圏に居住していた友人がいたら尋ねてみてください。この状況が分かると思います。

神韻アーティストの中でも、法輪功を修めているという理由だけで、逮捕され、拷問まで受けたか、家族がそのように扱われた者は少なくありません。舞台で喜びと情熱にあふれて踊るダンサーの中には、両親が中国の拘束所で拷問された者もいます。このようなアーティストにとって迫害は動かぬ事実であり、愛する家族や中国の人々を助けるために何かをしたいという気持ちを募らせています。