法輪大法(法輪功)とは何ですか? 神韻とはどのような関わりがあるのですか?

法輪大法は法輪功としても知られます。自己を向上させるための指針と気功・打坐の動きから構成されます。真善忍という3つの理念が指針の中心です。神韻のアーティストたちは法輪大法を修め、私たちの公演のインスピレーションの源となっています。

中国でも欧米でも、過去の芸術家たちは精神性を自己の作品に採り入れてきました。古代中国では、芸術家は瞑想し、内面の静寂を求め、宇宙とのつながりを大切にしてきました。真の芸術を生み出すためには、徳を積み、内面の清らかさを高めていく必要があると信じられてきました。神韻のアーティストたちはこの気高い伝統を踏襲します。

法輪大法の迫害について聞いたことのある方もいらっしゃると思います。1999年に始まりました。それ以前は、数千万人が中国全域の公園で法輪大法を煉功していました。党の管理下にない独立したイデオロギーが民間に広がることを恐れた共産党政権が、法輪大法を撲滅するための全国的な運動を開始したのです。事実上、法輪功を修める者の数は、中国共産党の党員の数を上回っていました。

19年におよぶ拷問、投獄、殺害を経て、これらの精神修養を求める人々は今も、信仰を深めて忍び、非暴力的な方法で抵抗を続けています。神韻の芸術チームは、彼らの物語を世界の舞台で伝えています。これらの人々の勇気、希望のメッセージが、数百万人にのぼる観客の皆様を感動させています。